« February 2008 | Main | September 2008 »

June 01, 2008

幼児・小学生が英会話(英語)を学ぶ最大の意義とは?

日本人の英会話が上達しないのは、自分が発話する英語の文法や発音エラーに寛容になれないからだと前のブログ記事で書いた。
では、どうすれば寛容になれるのか?
方法論について、このブログに書いてみたい。
結論から先に書くと幼児・子供の内から外国人と英語でコミュニケーションできる場を持つことがとても大切である。
何故、幼児や小学生なのか?
中学生以上になると自分の発話エラーや発音の間違いに寛容ではいられないからである。
これは高校生、大学生、成人になるに従って強くなり、60歳の還暦を迎えるまで続くと私は考えている。

中学生以上の日本人は、人前で何か間違いを起こすことがとても恥ずかしい。ご存じのように日本人は恥の文化を持っている。日本人にとって英語を話していて間違いをすることは恥ずかしいことなのである。自分の文法的なエラーや自分の拙い英語の発音が恥ずかしいのだ。こうなると「間違いに寛容になりなさい」と言われても、土台無理な注文である。
だからこそ、幼児・小学生時代に間違いを恐れない英語のコミュニケーション能力を養成する必要があるのである。これは我ながらまったく理にかなっていると思う。

幼児・小学生までは恥ずかしいという観念が中学生以上の大人よりもかなり希薄である。
だから、人中で大きな声で歌ったり、話したり、はしゃいだりすることが平気なのだ。
とにかく天真爛漫で元気である。文法的に間違っていようが発音が少しぐらいおかしくとも、元気よく大きな声で英語でコミュニケーションが取れる。

よく言われることだが幼児・子供が英語圏で1~2年過ごすと英会話はかなり上達する。大人も目を見張るほど子供の英語運用能力は伸びる。勿論、脳が柔軟であることや英語を聞き取る聴覚能力(耳の機能)や英語を発話する発声能力(口の機能)という身体機能的な柔軟さはもちろん遥か大人の上を行く。プラスアルファーとして私は子供のエラーを恐れない天真爛漫なコミュニケーション姿勢に注目したい。別なブログ記事で書いたが英単語を短時間でたくさん覚えたり英文法の規則を体系的に学んで理解、自分の知識としたりすることにおいて、大人は子供に勝っていると思う。しかし大人は知識として習得したその英語能力を実際の運用場面で恥ずかしがって積極的に使わないので英語のコミュニケーション能力が伸びないのである。子供は大人の逆で、実際の英語でのコミュニケーションで自分の知っている英語表現を積極的に使いながらその運用力を伸ばし、使いながら同時に語法・文法・発音の正確さの精度も高めて行ける。簡単に書くと、Trial & Errorである。
子供は試行錯誤しながら英語のコミュニケーション能力を身につけることができるのである。故に英語圏での生活で子供の方が早く英語の運用力を高めることができるというのが私の考えだ。

日本国内で英語を学ぶ場合、知識としての英語習得は中学生に入ってから大学卒業までに受ける10年間の学校英語教育で十分である。かなりの語彙力と英文法力、ある程度の難易度の英字新聞や小説、英語の雑誌などは辞書を引きながら読みこなせるであろう。語彙・文法的な知識・読解力については大丈夫だ。そこそこの大学を卒業するまで英語が平均点以上であれば全く問題ない。しかしそれでも英語でコミュニケーションができない。そこが問題なのだ。このことは、かれこれ20年以上叫ばれてきたことであり、もう聞き飽きているだろう。文部科学省も文部省だった頃から英語のコミュニケーション力の育成ということで中学1年と2年生の英語教科書にダイアログ(対話文)を大幅に取り入れたり視聴覚機器(LL)などを取り入れたり、高校の英語の授業でオーラルコミュニケーションを科目として設けたり、大学のセンター試験で英語のリスニング試験を導入したりと、それなりのことをやってきたが一向に英語でコミュニケーションできる日本人が育ってこない。東大生がどのくらい英語でコミュニケーションできるか見てみればすぐにわかる。何故か?答えは簡単、学校の英語の授業で学んだことを使ってみる実践会話の場が絶対量少ないからである。

JETプログラムを代表とする外国人アシスタント制度、通称ALT: Assistant Language Teachersが何千人も日本の学校にいるではないかと言う人がいるかも知れない。30人40人の生徒を前にしてALTが週に1回位50分来て、一人の生徒がその先生と英語でコミュニケーションできる時間が満足にあるのであろうか?おそらく一人1分程度、100歩譲っても2分だろう。年間48時間入ったとしても48分から多くて90分程度である。これでは話にならない。

EUの人々と米国人の外国語運用能力には雲泥の差がある。もちろん世界標準語としての英語で外国人とコミュニケーションが取れるわけだから米国人には外国語をマスターしようという必要性も少ないと思うが、学校で学んでも実践で使う場がないから米国人にも外国語の運用力が身に付かないと思われる。これも外国語の知識はあるが使う場がないので外国語によるコミュニケーション力が伸びない明らかな例の一つである。

コミュニケーションとしての英会話を学び始めるのは、はっきり言って中学生では遅すぎる。厳密に書くと中学1年生まではギリギリセーフだが、幼児・小学生のうちに外国人と如何に多く英語でのコミュニケーションの場を持てるか?
これがその人の後々の英語でのコミュニケーション能力に大きく物を言うのである。

間違いを恐れず、自分の英語の発音エラーも気に掛けずに元気に大きな声で英語のコミュニケーションに取り組む。幼児・小学生は絶好の年齢である。こんなオーラルでのコミュニケーション能力に長けた年齢層に単語をたくさん覚えることを強要したり、細々とした英文法の規則を知識として詰め込んだり、フォニックスという聞こえの良い外国語指導方法の下で細々とした発音規則を教え込むことは、時間の無駄であり、逆効果であろう。もっと伸び伸びと覚えた英語表現を使って実際に外国人と英語でのコミュニケーションをしてみる時間をできるだけ与えてあげたい。

まとめると、
年齢に応じて英会話(英語)学習に適切な指導内容がある。
乳幼児期:英語の音のリスニング導入が大切。文字はまだまだ早い。文字を入れることは音の習得に逆効果だ。
幼児期:片言でも英語でコミュニケーションする体験を持たせる。英語の音のリスニング&発音が大切。まだ文字の導入は早い。
小学生:更にリスニング強化。発音・リズム・イントネーションの習得。知っている英語表現を使って外国人と英語でコミュニケーションできる場をできるだけ提供することが最も大切である。中学校に入るまでは英語の音の習得に集中した方が、中学に入ってからの文字の学習にもスムーズに入れると思う。

結論
幼児・小学生での英語教育では、音声重視にすべきだ。英語でのオーラルコミュニケーション能力(リスニング力とスピーキング力)に磨きをかけるべきであろう。

PR: ACE英会話ではこの夏、小学生・中学生へ外国人と英語でコミュニケーションできる場(英会話サマースクール)を企画運営します。興味のある親御さんは是非お子さんを参加させてあげて下さい。

※この記事を最後まで読んでよかったと少しでも思われた方は、「人気英語学習ブログ」に投票をお願いします。  投票する

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« February 2008 | Main | September 2008 »