« July 2005 | Main | September 2005 »

August 17, 2005

学校英語の授業で一向に英語が話せるようにならない理由は簡単だ。

中1と中2の英語の教科書は確かにダイアログが中心で口頭英語を教える素材となってきた。(中3からは以前と同じエッセイ中心のテキストであまり進歩がないが・・・)また高校の授業でも英語オーラルコミュニケーションという教科書を使って授業を行っている。

しかし、学校英語の授業のお蔭で生徒が英語を話せるようになったという報告は耳にしたことがまったくない。何故か?

答は簡単だ。未だにGrammar Translation(文法解説と英文和訳中心の授業)を根本にした授業が行われ、教師は生徒の理解の指導に終始して、話せるようになるまでの指導が出来ていないからだ。

相当な教授法研修を受けない限り「教師は自分が教わってきた方法以外で生徒を指導することが出来ない」という定説がここに生きているのだ。英語が使えるようになるための指導が具体的にどういうものなのかはっきりと認識しそれを実践できる日本人の英語の先生が中高でどのぐらいいるかはその学習成果から明らかであろう。10%いれば良い方だと思う。中高の先生を養成している大学の教育学部や英文科・英語学科の講義において、具体的にそれがどういうものか講義し、教え子である中高教師が実際に教壇に立ったときにそれを実践できるように指導(トレーニング)できている大学講師や教授があまりにも少ないということでもある。

教科書に書かれた英文を生徒が実際の会話で使えるようするための、一つの方法は次の言語学習5段解理論を実践することだ。

第一段階 Recognition(認知=理解)

教科書に書かれた英文をまずは理解する。理想的には最初は音声での聞き取り(Listening)指導から入り、次に聞いた英文を読んで(Reading)詳しく理解する指導=英文の構文理解(Structure=Grammar)と語彙・語法解説(Vocabulary)を含む意味の指導へと進む。ここで注意しなければならないのは英文を決して日本語に一語一句正確に訳してはいけない。むしろその英文の言語機能(language functions)と正しい使い方(social linguistic aspects)を教えることが大切だ。

第二段階 Imitation(模倣)

上記で充分に理解した英文メッセージの意味を十分に念頭に置きながらCDなどのネイティブの音声を真似て言ってみる発音・音声指導である。フォニックスと音声変化のルール(音のリンクや脱落など)を上手く絡めて指導すると効果的である。

第三段階 Repetition(反復)

正確に意味を理解しネイティブに近い発音で言えるようになった英文を何度も反復して発話させ、定着をはかる。(これによって自然に英文を暗記し暗誦できるようになる。(リピーティング指導)

第四段階 Diversion(展開)

憶えた英文の一部をいろいろ変化させて、新しい英文を作る応用力を養成する。(ドリル指導)

第五段階 Selection(選択)

いろいろな場面や状況に応じて適切な英語表現を選択して実際の会話で使ってみる(実践会話)学校での指導は第一段階:理解の指導もしくは第二段階:音声指導で終わっている。しかも未だに詳細に渡る文法解説や英文和訳に授業時間のほとんどを費やしている先生方が多い。ゆえに英文は理解(訳せるが)使えるようにはならない。使えるようになるための指導(反復・展開・選択)を行っていないのであるから使えるようになるはずがないのだ。

「1クラス20人も30人も生徒がいて実践的な英会話は教えられない」という中高教師の言い訳が聞こえてくる。

しかし人数は問題ない。生徒が30人であったとしても実践的な会話は充分に教えられる。

1)全体学習 2)ペアー学習 3)個別チェック 4)全体学習 という4サイクル指導手順を踏めばクラスサイズが30名であっても十分に対応可能である。

ここでは実際に中1の英語のテキストから抜粋した次のダイアログを、第一段階:理解の指導および第二段階:発音・音声指導が終わって、第三段階のリピーティング指導(反復による定着)に入ったとして簡潔に説明する。

Situation: At a Japanese restaurant

Yumi: Do you like Japanese food, Lucy?

Lucy: Yes, I do.

Yumi: What do you like?

Lucy: I like sushi and tempura.

☆第三段階の反復による定着を4サイクルで指導する例

1)全体学習

A. Choral Reading: 講師の発話またはCDのネイティブの音声のあとに一発話ずつクラス全体に大きな声でリピートさせる。(1発話2回ずつ)

Teacher: Now, class! Read the dialog after me. Do you like Japanese food, Lucy?

Class: Do you like Japanese food, Lucy?

  最後まで続ける

B. Role Reading: 講師とクラスでダイアログの発話のやり取りをする。

Teacher: Let's do role reading. I will take the role of Lucy first. Why don't you take the role of Yumi?

Teacher: Do you like Japanese food, Lucy?

Class: Yes, I do.

Teacher: What do you like?

Class: I like sushi and tempura.

    ロールチェンジしてもう一度

2)ペアー学習

隣の人とペアーを組ませRole Readingをさせる。講師がストップと言うまで何度でも繰り返させる。頃合を見計らってロールチェンジさせる。生徒がやっている間、講師はクラスを見回って生徒一人ひとりの発音などを出来る限り矯正する。

3)個別チェック

生徒2人を指名し、その場に立たせてロールリーディングをさせる。3~4組実施。矯正する部分があれば矯正し、クラス全体にも矯正箇所をリピートさせる。

4)全体学習

 締めくくりとして、再度講師対クラスでロールリーディングを実施する。

以上でロールリーディングは終了

次にテキストを閉じさせて、講師の声またはCDのネイティブの音声のあとに一発話ずつクラス全体に大きな声でリピートさせる。上記と同じ手順でテキストを一切見させずに4サイクルでロールプレイができるように指導する。

☆次に第四段階 Diversion(展開) ドリル指導

(日本食レストランでの会話)

(中華レストランでの会話)

(イタリアンレストランでの会話)

などと設定して、

A: Do you like Italian food?

B: Yes, I do. (No, I don't.)

A: What do you like?

B: I like Pizza and spaghetti.

と応用させる。

さらに発展させ、

(スポーツの会話)

A: Do you like sports? ※1年生なのでまだ不定詞は使わない

B: Yes, I do. (No, I don't.)

A: What do you like?

B: I like soccer and tennis.

(音楽の会話)

A: Do you like music?

B: Yes, I do. (No, I don't.)

A: What do you like?

B: I like rock and popular music.

※以上を4サイクルで指導する。

☆第五段階 Selection(選択) 実践会話

主にペアーでの会話に最大限の時間を割く。

A. You are at a Chinese restaurant, Italian ...

B. Talk about music, sports, ...

などと場面やトピックを講師が指定してペアーで会話させる。

※これも4サイクルで指導する。

以上が簡単であるが4サイクルを使った指導の具体例である。

お気づきのように第三段階から第五段階まではあくまでも生徒が主役であり、講師は脇役である。講義形式なんてとんでもない!生徒は第一段階と第二段階で理解した英文を徹底的に声に出して活発に使ってみるのだ。

ここまでやれば、このダイアログにおける次の目標言語機能(target functions)は、英語でのコミュニケーションである程度使えるようになる。

何かが好きかどうか尋ねる表現 Do you like ...?

それにYesNoで答える。

さらに具体的に何が好きか尋ねる表現 What do you like?

それに具体的な名前を挙げて答える。 I like A and B.

※言語概念とその機能的なアプローチ(Notional Functional Approach については別の記事で説明したい。

私はECCで20年前に30名近くの生徒へ3年以上上記の指導方法で直接教えたことがある。さらに日本人講師を研修し、直接・間接的に5年間以上で1千人以上の生徒へ実践した。教えた英語を実践の英語コミュニケーションで使えるようになったかという観点からは、中高での学校英語授業の効果とは雲泥の差があった。当時ECCの年間受講料は20万円を越えていたがそれだけの価値は十二分にあったと確信している。(週2回、1回80分)

最後に英文和訳をいくらやっても英語が話せるようにならないどころか、むしろ英語が話せなくなる実例を挙げてこの記事を締めくくる。

今年の5月頃、NHKテレビで著名な翻訳家(有名大学の英文科で英日翻訳も教えている)がインタビューを受けていた。私はその翻訳家の回答に衝撃を受けた。翻訳家曰く、「英語は恥ずかしくなるほど話せないんですよ。海外でのパーティなどでは本当に困ってしまいます。」

1日のほとんどの時間を英文和訳に費やしているにも拘らず英語が話せないとは?!

しかしよく考えてみると、これは当然と言えば当然だ。口頭英語でのコミュニケーションにおいて英文和訳は弊害の他なにものでもない。英語を聞いたり読んだりする時に日本語を介在させることは、英文を英語で直接理解すること(直解)の大きな妨げとなる。

英文和訳を続けていると自分がいざ英語を話そうとするときに日本語が頭に浮かんでしまい、その日本語を英語に置き換えようとしてしまう。これでは英語がスムーズに話せるわけがない。右脳で浮かんだ自分の話したいメッセージ(イメージ)を日本語を介在せずに、左脳に蓄えた自分の英語のボキャブラリーと文法力でそのまま言葉にすることによって初めて英語がスムーズに話せるのだ。

PR:エース英会話スクールでは英文理解(認知)の指導に留まらず、使えるようになるまでの指導(模倣・反復・展開・選択)を実践している。

※この記事を最後まで読んでよかったと少しでも思われた方は、「人気英語学習ブログ」に投票をお願いします。投票する

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 11, 2005

英会話マスターにとって右脳学習と左脳学習(認知学習)はどちらが有効か?

新宿紀ノ国屋に行って一番売れている英会話学習本が右脳学習なのに驚いた。前の記事に右脳学習はオーディオリンガルに基づいていると書いたがその本を手にとってみて増々確信した。

その本は約50ある英文エッセーを暗記暗誦するというものだ。暗誦と呼ぶかわりに「つぶやき」という表現を使っていたが、同じことだ。毎日10分間CDを聞いて真似しながら(模倣)丸暗記するという単純な学習方法である。おそらく英文法を確りと理解し英文エッセーの意味を確りと理解している人は丸暗記して暗誦(最初から最後までつぶやくこと)は出来るかもしれない。しかし丸暗記に費やされる労力は並大抵なものではない。その労力にむくわれるだけ会話力が身につくとは到底思えない単純な教材である。

前の記事で右脳学習はオーディオリンガルのパターンプラクティスに似ていると書いたが、オーディオリンガルのもう一本の柱は英文を模倣し暗記暗誦することにある。模倣するとは聞いた英文を素早くオーム返しに聞いたまま再生することで意味を考えながら再生することではない。(最近はリピーティングと呼ばれる場合が多い。)まさに刺激と反応の世界である。犬が肉を見てよだれを流すとの全く同じである。これはその本の筆者の狙いとする赤ん坊や幼児が親の言うことを意味はおかまいなしに真似することである。意味を考える左脳を介在させずに音声:言語の表層構造を真似して言ってみることに過ぎないので、すらすらと暗誦できたとしても自分の言いたいことを表現できるようになるとは到底思えない。

その筆者は、「語学学習では赤ん坊のように真似して言ってみる事が一番大切だ」と書いているが、大人と赤ん坊はまったく別な学習パターンを持っており、所詮、学生(厳密には体験学習から概念学習・認知学習に移行する小学校高学年から大学生まで)や大人が、赤ん坊に戻ってその学習過程を踏襲することは不可能であるし、その真似事をしたとしても効果は高が知れている。学生や大人にはその年齢に応じたもっと効果的な学習方法があり、それを実践すべきだ。

その本の右脳学習はまさに20年以上前に英会話スクールで盛んに実践されていた暗記暗誦指導だ。私も1年間を費やして生徒にテキストを最初のページから最後のページまで暗記暗誦させていた。生徒にとっては大変な労力であった。もちろん英会話学校であるから暗記暗誦した英文を実際の会話で使えるようにドリルでパターンプラクティスを十分に行い、実践会話で使う時間ももちろんあった。暗記暗誦の後のこのようなきめ細かなフォローがあったので効果はある程度あった。しかし同じような効果は暗記暗誦をしなくても達成出来たというのが私の実感であった。

5年間ほど自分のレッスンや新人講師の研修で暗記暗誦を徹底的にやって直接的・間接的に1千人近くの生徒へ教えて私の得た結論は、「同じ1日1時間、年間何百時間を英語学習に費やすのであればもっと効率の良い学習方法に切り替えた方が遥かに賢い選択である。」ということだ。

別な観点から考えてみたい。

私は日本の大学在学中にESSという英語部に入って英語によるコミュニケーションを学んだ。ドラマ、スピーチ、ディスカッション、ディベートセクションという4つのセクションに別れて活動を行っていた。ドラマは英語で書かれた台本を暗記して演じる(暗誦)する活動=言うなれば暗記暗誦学習=右脳学習であった。ディベートはある話題について自分でスピーチを書き発表、相手の反論に対して即興英語で太刀打ちする、言うなれば実践会話の場がたくさんあったので自分の話すメッセージ内容を考えてそれを表現する=まさに左脳学習だった。どちらのほうが真の会話力が身につくかは答を言うまでもない。

暗記暗誦も良いがその労力に見合った成果は期待出来ない。闇雲に英文を模倣し暗誦するというような非効率な学習方法はお勧め出来ない。学習者はもっと利口になるべきだ。英語を実際のコミュニケーションで使うことを考えてほしい。だれでも外国人と自由に自分の思っていることを話せるようになりたいと思っているはずだ。相手に伝えたいメッセージはイメージとして右脳で生まれ、それを左脳で言葉にしなければ話せない。イメージだけから言葉は生まれない。左脳での意味の処理が不可欠である。意味を十分に意識しながら英語の言葉のルール(英文法や語法)を確りと認識して自分で表現したい英文を創れる自力を養うことが大切である。

PR:エース英会話スクールでは受講生の年齢に応じた最も効果的な英会話指導方法を実践しています。

※この記事を最後まで読んでよかったと少しでも思われた方は、「人気英語学習ブログ」に投票をお願いします。投票する

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 01, 2005

英語右脳教育に物申す:英会話学習に発話スピードは重要か?

英会話の指導において、右脳学習という名の元に必要以上に速読・速聴・即答を促す学校がある。英語でのコミュニケーションをマスターする上で、本当にクイックリスポンスが必要なのであろうか?

私は発話スピード以上に自分や相手が話しているメッセージ内容を確りと認知することが大切だと考えている。

クイックリスポンスで直ぐに頭に浮かぶのはAudio lingual Methodによるドリル学習(口頭文型練習)だ。(1950年代から60年代にかけて特に米国で全盛、世界中へ広まった。母語の使用を禁止して英語のみで指導。文法ルールの説明は最小限にして文の一部を入れ替えるなどして文法パターンを何度も何度も言わせてそのルールを習慣化する。

I have my pen. You have your pen. They have their pens. He has his pen. Do you have a pen? Yes, I do. I have a pen. Does he have a pen? No, he doesn't. He doesn't have a pen. という具合に所有格、三人称単数、疑問文と答え、否定文などをドリル練習、講師の発話のリピーティングが多用され、何度も言うことによって文法ルールを口に覚えさせる→無意識のうちに正確に言えるようにする→ルールの習慣化である。母語(日本語)や左脳が介在しないようにクイックリスポンスを要求して右脳で処理させる。

私が20年前にECCで英会話を指導していた際にもかなりの時間をドリルによる文型練習にかなりの時間を割いていた。当時はECCのみならず、ベルリッツ(ベルリッツが開発したダイレクトメソッドと呼んでいた)やイーオンとジオスの前身アンビック、ELLEC、日米会話学院など当時の主要な英会話スクールで使われていた。一時はあまりにも機械的な文型練習なので言語学者の間から批判が相次ぎ、衰退した。当時のベルリッツのプライベートレッスンであまりにも機械的なドリルを延々と行うので受講生が退屈して居眠りを始めるという話をベルリッツの先生から聞いたことがある。

しかし、最近また右脳学習、英語を英語で理解する英語脳などというメッキでお化粧してAudio lingualに似たような教え方が再登場している。文型・スピード偏重からメッセージ内容(意味)の認知学習の優位性で勝負は20年前についているはずである。

人間のコミュニケーションにおいては、発話の持つ表層構造:聞こえてくる英語音や表面的な文構造よりも、発話の深層構造:聞き取った英語音と文構造による文の意味やメッセージ内容が大切だということで決着しているはずだ。

旺文社LL教室が流行ったのは30年前以上であるが、未だにLL:Language Laboratory という語学機器を使っている中学・高校や大学がまだあるという。主にダイアログやドリルを駆使して英語文型をパターンとして身につけようという学習方法である。

これこそstimulus & response (刺激と反応)という学習理論が根本になっている。一般的な学習理論においては刺激と反応を越えた認知理論(Cognitive)が支持を得ていることは周知のことである。

また「英語耳」を造るという英語のリスニング機器や教材・書籍がたくさん発売されているが、日本語とは違う英語特有のパスバンド(その言語の発話で一番良く使われる周波数帯)を聞き取れるようにすることが目標となっている。特に母音主体の日本語を話す日本人にとっては英語の高周波音(声帯を使わずに歯の隙間から息を強く出す[s]に代表される歯擦音など)の聞き取りを強化する。これこそ前述の表層構造のみを扱った中途半端な学習である。

実は私は出版社アルクに勤務していた際にトマティス上北沢センターの所長を歴任したので「英語耳」についてはエキスパートであると自認している。「英語耳」とは元々はフランスの聴覚心理学者のアルフレッド・トマティス博士が40年以上前に開発したトマティスメソッド(フランスで大流行しフランス人の間ではかなり有名である)が本流である。

博士は数年前に他界しているが、博士が来日した際に3回ほどお会いしたことがある。博士のセミナーの通訳を担当したこともある。各言語によって頻繁に使われる周波数帯(パスバンド)があることは日本で知らない人がいないくらい普及した。日本人は英語の歯擦音などの高周波音の聞き取りが苦手だと言われている。しかしこれは既に過去のことだ。現代の若者は小さいころから音楽に触れ人間の声が出す高周波音よりも高い音を聞いている。シンバルやエレキギターの音やファミコンのPC音は高周波音だ。電車の中でウォークマンなどを聞いている若者のイヤホーンから漏れてくるあの「シャカシャカ」いう音だ。

さらにトマティスメソッドでは右脳というよりも左脳を重要視している。より優れたコミュニケーターになる為に右耳を聞き耳にする(交差神経組織により右耳が左脳に直結している)というトレーニングを行う。(「英語耳」については機会があれば別な記事に詳しく記載したい)

内容があまりにも多岐に渡りしかも専門的になってしまったので、クイックリスポンス(自分の発話スピード)に的を絞って、ここで具体的な例を掲げてわかりやすく説明したい。

「相手の発話に反応して即答できるようになること自体はあまり意味を持たない。ゆっくりでも正確に確りと言えるようになることの方が大切である。」というのが私のスタンスだ。右脳で反射的に答えるのではなく、左脳で自分の話しているメッセージの意味を確りと認識する必要があるのだ。

How are you? と聞かれてI'm fine thank you. And you? と反射的に答えられることにどれほどの意味があるのであろうか?むしろゆっくりであったとしてもI'm fine, well, all right, feel sleepy, feel miserable, have a headacheなど、その時々の体調によって柔軟に答えられるのがよい。

もっと深く考えると、元々How are you? というのは挨拶であり、すらすら答えられるよりも返答に感情がこもっていることがもっと大切である。ほほ笑みながら答え、相手が自分のことを気遣ってくれたことに感謝の気持ちを込めてThank you. と言えなければいけない。真顔で機械的にI'm fine thank you. And you? と間髪をいれずに早口で答えるのはまったく友好的な相手に対して失礼でさえある。

名前を聞かれた時も同じである。My name is …と急いで答える必要はまったくない。むしろ外国人にとって聞き取り憎い名前であればゆっくりとはっきりと自分の名前を相手に伝えることが大切だ。

英語をただ単に教えるということと、コミュニケーションの道具(ツール)として英語を学ぶことはまったく別物である。

私が言いたいのは11才以上(小学生高学年)にも拘らず中高生や大学生、ましてや成人が右脳教育に基づいて英語・英会話を学習することの是非である。当然それらの年齢層が話す言語活動は一問一答できるような単純な物ではない。様々な回答パターンを学習し、その中から自分に当てはまるものを選択するという学習方法(前述のAudio lingual Methodによるドリル学習)ではいつまで経っても自分でセンテンスを一から創る、真のスピーキング力は身につかない。一世を風靡したかに思われたチョムスキーの生成英文法理論が衰退した理由も頷ける。

パターンを右脳に刷り込むことは10才未満の子供でない限り退屈で不可能である。むしろ文構造を確りと認知した上でその文法ルールに則った英文を一からクリエイトする学習方法(認知学習や概念学習)の方が遥かに適しており、効率が良く真の実力が身に付く。

ある英語の文法や構文概念を確りと認知理解した上で左脳によって英文を創り出すことが大切だ。例えば日本人にとって現在完了形を現在形と過去形との対比からパターンで習得することや、仮定法を単純な右脳学習で身につけることは至難の業であろう。特に仮定法は話者(speaker)と聴者(listener)との人間関係や気持ち社会言語学的な要素を多く含んでいるからであり、右脳というよりも左脳の言語野で様々な要素を分析した上でないと決して正確に(表層的にではなく深層的に)使いこなすことはできない。

例えば、知人から丁寧に会えませんかと誘われた場合の婉曲的な断り方などは難しい。右脳だけでは到底処理し切れない。

A: I'm wondering if you could see me this weekend.
B: I wish I could but unfortunately I have another important engagement this weekend.

A: もしもご都合がよろしければ)今週末にお会いできませんか?
B: (そうできれば是非そうしたいのですが)残念ながらとても大切な用事があるのでお会いできません。

英語はとてもストレートな言語で日本語のように婉曲な言い回しはいかなる場合にもしないと考えるのはとても親しい間柄だけの話である。上記のように丁寧なお誘いをしてくれた人に対して相手に失礼のないように仮定法を使って婉曲に(丁寧に)お断りしなければならない。もっと単純な例としては初対面の人に対する名前の聞き方にも気を使う必要がある。

単純な表現でも同じだ。相手が子供であればWhat's your name?でも問題はないであろう。しかしながら成人の初対面の人に対しては逆によほど特殊な場合(警官や入国審査官などによる職務質問)以外ではMay I ask your name, please?を使う。また自己紹介する場合にもI'm (first name).を使うよりもMy name is (full name).の方が遥かに丁寧であり、相手に敬意を表すこととなる。

以上みてきたように、とくに成人の会話は右脳の画像や音声イメージで言語を処理し切れない。必ず左脳の言語野において社会言語学的に相手との人間関係や場面状況によって適切な言葉使いを求められる。端的に言うと右脳学習だけでは事が足りないので左脳による学習が不可欠だということだ。

PR: エース英会話スクールでは右脳のみならず左脳による言語活動を重視してレッスンを行い、英語による真のコミュニケーターを育成している。

※この記事を最後まで読んでよかったと少しでも思われた方は、「人気英語学習ブログ」に投票をお願いします。投票する

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« July 2005 | Main | September 2005 »