« September 2004 | Main | November 2004 »

October 30, 2004

英語が聞けるようになったら本当に話せるようになるのか?

巷には英語を聞き流す教材や通信教育が溢れている。これらのキャッチフレーズは「英語が聞き取れるようになれば英語が話せるようになる」というものだ。英語を聞き続けると、いつの間にか英語を英語で理解する回路が頭の中にできあがり、ある水準を超えると英語が口から溢れ出てくるというものだ。

本当に英語を毎日聞いているだけで話せるようになるのだろうか?
受講者の喜びの声などというものも掲載されているケースが多いが、あれはほとんどの場合宣伝のためのサクラであると考える方がよいだろう。同じ英文を繰り返し何回も聞いていると無意識のうちに口から英文が飛び出してくることも確かにある。しかし出てくる英文はHow are you? I'm fine, thank you. And you? 的な日常でよく使われる決まり文句的表現がほとんどだろう。

英語が話せるとは決まり文句が言えるということには留まらない。自分の思っていることを自分のボキャブラリーや構文力を駆使して英文にし、それを的確に相手に伝えられることである。決まり文句での会話には限界があり、ある特定の場面や状況のみで活かされ、それを越えた会話内容の場合には自分でセンテンスを組み立てて自分の意志を表現しなければならない。もちろん相手の言っていることが確りと聞き取れれば聞いた表現を使って自分のことを言うこともできる。ただ、英文を聞き取れる=その英文を話せるとはいえず、聞き取った英文を応用して自分で使いこなせるようになるには十分な練習が必要だということである。

結論:英語が聞き取れるようになっても自分で自由に会話ができるようになると考えるのは甘すぎる。自分が思っていることや相手に伝えたいことを自由に英語で表現できるようになるにはかなりの時間と労力が必要である。聞くだけの通信教育講座だけではなく、話すことを重点的に訓練する通信講座を受けたり、定期的に英会話スクールに通ったりプライベート英会話講師に習ったりしないと、決して英語は話せるようにはならない。

エース英会話スクールでは受講生ひとりひとりに合った講師を手配しております。)

※この記事を最後まで読んでよかったと少しでも思われた方は、「人気英語学習ブログ」に投票をお願いします。投票する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2004

子供は英会話スクールに通って英語が話せるようになるのか?

英会話スクールや英語教室に小さい頃から何年も通っている子供達がたくさんいます。果たしてそんな子供達は英語が話せるようになっているのでしょうか?また将来、話せるようになるのでしょうか?
ACE(エース英会話スクール)にやってくる子供達の中に、英会話スクールにもう何年も通っているのにちっとも英語が話せない子供達が少なくありません。

なぜ話せるようにならなかったのでしょうか?答えは簡単です。通っていた英会話スクールの教え方が英語を話せるようにするためのものではなかったからです。幼児や小学生低学年の子供たちへの英会話レッスンは歌やダンスや英語のゲームなど、うわべだけの楽しさを求めたものに過ぎず、英語でのコミュニケーションは二の次であったり、後述するように英語は教えてくれるが英語でのコミュニケーションは教えてくれない英会話スクールや教室が多いからです。幼児や小学生といえども日常会話の簡単な事であれば英語で意志疎通することもできるはずです。しかし6人~10人のクラスレッスンでは講師は生徒ひとりひとりと英語で意思疎通(思っていることを英語で会話)することは物理的に不可能です。これは一対一のプライベートレッスンではじめて実現できることです。

英会話スクールでも、英語は教えている(英単語や英語の決まり文句を覚えたり、フォニックスなどの音の法則を習う等)が、コミュニケーションとしての英会話(覚えた英語表現を実際に使ってロールプレイをしたり、生徒同士または講師と直接実際の会話をする練習)をきっちりと教えてくれるところは意外と少ないのが実情です。大手の英会話スクールでも英会話クラスでありながら英語でのコミュニケーションを実際には教えていないのには驚かされます。小学生のうちから英検受験を勧めるようなところは要注意です。

英検で問われる能力は残念ながら学校英語の延長線上での英語の読み書きであり、決して英語でのコミュニケーション能力(専門的にはCommunicative Competence or Performance)を問うものではありません。具体的には英文を読んだり聞いたりしたものを理解する能力を測定しているのです。英検ではちゃんと面接試験があるじゃないかと反論される方もおりますが、真に各受験者のスピーキング力を評価するという観点からは御粗末すぎるというのがプロの一般認識です。

スクール選びのアドバイス:体験レッスンで本当に英語のコミュニケーション力を高める指導内容なのかを厳しい目で評価しましょう。レッスンをいつでも見学できたり、身についた英語のコミュニケーション能力を家族の前で発表できるイベントやコンテストを積極的に運営しているところがお勧めです。

※この記事を最後まで読んでよかったと少しでも思われた方は、「人気英語学習ブログ」に投票をお願いします。投票する

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« September 2004 | Main | November 2004 »